前へ
次へ

ナチュラルメイクはベースがカギ

ナチュラルメイクと聞くと、ファンデーションなどを薄く塗って、化粧をしているかどうかわからないくらいのものと思われることもありますが、それだけがナチュラルメイクというわけではありません。
こってりとしたメイクではなく、一見すっぴんに見えるようなものを指すこともあります。
しかし、すっぴんに見えるというのは、何のカバーもされていない肌というわけではなく、透明感のある赤ちゃんのような肌のことを意味します。
そのため、開いている毛穴は隠し、色ムラのある部分は均一に見せるように、ベースはしっかりと欠点をカバーする必要があります。
最近の化粧品は、薄付きでもしっかりとしたカバー力のあるものも多く、さっと塗るだけで美肌に見せてくれる効果があります。
粒子の細かいパウダーファンデーションを使ったり、リキッドファンデーションの上からルースパウダーを重ねるだけでも、見違えるほどの透明感を演出することが可能です。
また、美容成分を含んだファンデーションなども多くあるので、日常的にそういうものを使っていれば、欠点をカバーしなくても済むようにもなり、よりナチュラルに仕上げることができるようになります。

美容部員にナチュラルメイクの方法を聞こう

可愛く変身する為にメイクは濃く、そしてしっかりとしないといけないものと思っている女性は少なくありません。
目の周りにアイラインをグルっと一周させれば目を強調させる事は出来ますが、ただ強調すれば良いと言うものではありません。
美しくみせるには、いかにナチュラルに仕上げて美しさを引き出すかが重要なのです。
美容研究家や美に熱心な方のメイクを見てみると、ほとんどの方がナチュラルメイクで自分の顔のパーツの良い部分を引き出してうまくメイクをしています。
ナチュラルだと似合わない、と思っているのは自分だけでナチュラルに仕上げてみたらウケが良くなったというケースは多いのです。
どんな風にすれば良いか分からない場合は、コスメについて知り尽くしている美容部員に相談する事をおすすめします。

Page Top